松本洋一郎のフレームビルダー的な日々
クロモリオーダーフレームの製作、クロモリフレームの修理・改造の進展状況。パーツなどの新製品や、新入荷品の紹介、イベント情報。活動報告など、サイクルスポーツに関するいろいろ。
村山氏との新たな出会い
2015年03月30日 (月) 22:39 | 編集
村山氏からエアボンベを直接仕入れすることになってから数ヶ月後、

村山氏から大きな封筒が届きました。

中を開けると、新しいブランド、ストラトスの案内でした。

そこで、初めて村山氏が元・ケルビムのチーフビルダーをしていたことを知ったのです。

当時はオーダーフレームはほとんどケルビムに依頼していましたので

何の抵抗も無く代理店になりました。

そして、更に数ヵ月後? 数年後?

いつごろだったかすっかり忘れましたが、ある月のバイシクル誌に

ユテクという溶接機を販売するという広告が載りました。

それが、村山氏の広告だったのです。

早速

「フレームは無理でもキャリアなどを作ってみたいので、

もし、教えていただけるなら溶接機を購入したい」

と、電話してみました。

すると、簡単にOKしていただけましたので

東京に用事があったときに相模原まで足を伸ばし、

溶接機を購入すると同時にやり方を教えていただいたのです。

仙台に帰ってからは記憶を頼りに溶接の練習を毎日繰り返し行いました。

当時はメールなどという便利なものが無かったので、質問したいことをFAXで送らせてもらいました。

いわば、フレームビルドの通信教育です。

ただ、FAXだけではどうしても理解できないことが沢山出てくるので

サイクルショウの帰りなどに相模原に足を伸ばして

教えていただくことを繰り返しました。

この流れは、今でも変わりありません。

変ったのはFAXでのやり取りがメールになり、

さらにアイフォーンのフェイスタイムという無料電話に進化したことです。

今思い出すと、面白いのは、当時、仙台市内の同業者からは

村山氏の通信教育を受けていることを信じてもらえなかったことです。

直接、同業者から言われたわけではありませんが

いろんなメーカーの営業マンがやってきては

そういう情報を流して行くので知りえたのです。

それはともかくとして、最近でも長い休みがあると出かけて行って、

新しい冶具を見せてもらったり更なる溶接のテクニックを見せてもらったりして

帰って来ます。

そういえば、桜子も弟子の一人です。

「ほら、村山さんは火口を少し斜めにするとやりやすいとおっしゃってたじゃないの」

なんて、村山さんの話を横で聞いていた桜子から指摘されたこともありました。


人気ブログランキングへ↑クリックして下されませ


FC2ブログランキング←ついでに、こちらもお願い申す次第です



↑ついでのついでに、こちらもお頼み申しまする






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by sukechan.