松本洋一郎のフレームビルダー的な日々
クロモリオーダーフレームの製作、クロモリフレームの修理・改造の進展状況。パーツなどの新製品や、新入荷品の紹介、イベント情報。活動報告など、サイクルスポーツに関するいろいろ。
NHKの番組のうそ
2010年03月29日 (月) 19:52 | 編集
おととい、NHKで自転車の番組を放映していたが、その最後の方で、ランドナーのレストアをするという場面があった。
自転車好きのお笑いタレントがどこからか引っ張り出してきたランドナーはパンクしているというのでまず、ヤナギサワというブランドのフレームを作っているところに行った。
何故か、そこではパンクだけ。
そして別の店で泥除けをかったが、取り付けは斜め前にある別の店へ頼んだ。
次はハンドルのバーテープだけを交換しに別の店へ。
更にサドルだけを交換しに別の店へ。
最後はフレームの修理を頼みに、また別の店へ持ち込んだ。
この持ち込んだところというのが、数年前にそのフレームを作った今野製作所、つまり、ケルビム。
芯の狂ったフレームの修正と色の塗り替えを依頼し、数日後? に組みなおしたらまるで新品のように出来上がった、という筋書き。
ところが、録画したものを修理以前と修理完了後を行ったり来たりして比べてみると全然別のものだということが分かる。
古い物はオール塗装だったが、塗り替えたものはヘッドラグがメッキになっている。
それはもちろん、そうすることができないわけではない。
しかし、ヘッドパイプの長さが明らかに違うし、前のフレームはホリゾンタルフレームだったのに、修正したフレームはスローピングフレームになっていたのだ。
そこまで治したっていうの・・・?

古いものでも手を入れればきれいになる、と言いたかっただろうが、うそはいけないよ!




人気ブログランキングへ↑クリックして下されませ


FC2ブログランキング←ついでに、こちらもお願い申す次第です



↑ついでのついでに、こちらもお頼み申しまする

コメント
この記事へのコメント
山羊山様
本当に変な番組でした。
内藤大助にトークリップもないデカペダルの自転車を使わせたのも疑問。
内藤ぐらいならすぐにトークリップに慣れたろうし、使えば10時間もかからないで走破できたと思います。
NHKも結構ヤラセをやりますよね。

2010/03/30(火) 06:24 | URL | Youn Mutsu #-[編集]
その番組、私も見ました。キレイなメキラグのスローピングでしたね~。
あんなヤラセ、やめときゃいいのに‥。
単にブームに乗っかっただけの番組でしたね。初心者が興味を持ったとも思えないし、元々の自転車好きには浅い内容でした。
2010/03/29(月) 22:39 | URL | 山羊山 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.